未分類

タクシー無線が無くなる日

毎度!太郎(@taxitarou)です

 

かなり前に、前ブログで

雑草太郎
雑草太郎
タクシー無線って・・・(苦笑)

 

みたいな事を書いた事があるんですよ

 

いや、タクシーの無線配車をディスっている訳では無いんです

 

会社さんも色々な事情や理由があると思うんですよ。特に大手さんとか

 

私にはわからない、自社無線に拘る理由がきっとあると思うんです

 

でもね、切り替え考えていかないと大変な事になるよってお話を今回はさせてもらおうと思います

配車アプリが全てを牛耳る時が来るか?!

 

最近、都会ではタクシー配車アプリがブームになっています

 

日本はとても保守的です

 

電子マネーや電子書籍・・・

 

実際に手にする「物」からの脱却を躊躇する節があります

 

勿論電子決済等にはリスクもあると思うんです

 

しかし観光客が街中に溢れ、中国では当たり前になっている事が日本では出来ず遅れている現状です

 

そして外資系アプリが幅を利かせて、ようやく重い腰を上げた感があります

 

まあこれには、消費者側も躊躇していたのもあるんですが・・・

 

 

JapanTaxi、DiDi、Uber、MOV

 

都会ではこれ等のタクシー配車アプリが競争を激化しています

 

そんな中、未だに配車アプリの加入を躊躇し続ける大阪のタクシー会社

 

このまま展望していたら、会社は壊滅してしまう事になります

 

「流し営業」が成立しない日はきっとまだまだ来ないでしょう

 

しかし「タクシー無線」は今後無くなる可能性が大きいです

 

昔から懇意のタクシー会社を持っている企業や、地元の住民

 

この方達も配車アプリに流れる日が、近いうちにきっと来ます

 

大阪で言うならば「八尾」「東大阪」「南港」方面

 

この辺りは、無線配車が当たり前だと思います

 

この地域のお客さんに乗車頂くと必ず言われるのが

 

お客さん
お客さん
電話してもタクシーが来ないのよ。駅に行ってもいない時が多いし・・・

 

こんな事を言ってはいけないのですが、タクシー会社に電話してワンメーター圏内だとしましょう

 

そりゃ行きたくないですよね。気持ちは分かります

 

ですが、呼ぶ側の方はこちら側の事を考えてくれません

 

これを「かしこまりました。しばらくお待ちくださいね」と言うのか「今タクシー無いですわ」と言うのかで、今後のタクシー無線がどうなるか見えてきます

 

他との差別化をもっと図らなければ、自社無線も消えていく事でしょう

 

大手さんの無線はまだ残っていくでしょうが、協会の無線は(タクセスなど)は早い段階で消えるかもしれないですね

 

続きはまた今度